2018年のラリーのためのマシンが完成しました。

HPN Rally Sportをベースにフロントに最新のオーリンズ RXF48倒立フォークをフィッティング。Reinforcementにて特別なラリー用スプリングの製作とセットアップを行っています。

新たに製作したHPNレーシングパラレバー用のリアハブは、Woody’s Wheel Works製です。CNC加工により極限まで削り込まれた2ピース構造のアルミハブは、圧倒的な軽さとハードなラリーに耐えうる強度を両立しています。

詳細は後日紹介予定です。ご期待下さい!





 


ReinforcementはHPNパラレバースイングアーム用のリアホイールを製作しました。

2ピース構造の超軽量オリジナルハブは、ダカールラリーや世界中のエンデューロにおいて最高の評価を得ているWoody’s Wheel Works製です。

レースにおけるハードなライディングにも十二分な強度を確保しながらも徹底的に肉が削ぎ落とされています。

重量をここで公表することは出来ませんが、驚くほど軽量なホイールに仕上がりました。

HPN製 Racingパラレバー・R1100GS/R1150GSのパラレバーを装着したHPN車両、およびBMW R1100GS・R1150GSに装着が可能です。

ご注文時にアルマイトのカラー、リム径(17インチ/18インチ)をお選びいただけます。詳しくはお問い合わせください。




 


MSTのHusqvarna 701 Adventure‐R KitRally Light Kit用のラリーナビゲーションタワーを製作しました。

実戦経験に基づいた設計により、ロードブックホルダー/ラリーコンピュータを最適な位置にマウント可能です。アルミ製のナビゲーションタワーは十分な強度を確保しながらも非常に軽量に仕上がっています。

ブラケットは前後・上下の調節が可能です。マシンやスクリーンの高さに合わせたブラケットの長さの変更も承ります。

近日発売予定。詳細はお問い合わせください。

 


 

ラリーナビゲーションキットに含まれる、Reinforcementオリジナルのサポートブラケットを単体でも発売いたしました。
http://reinforcement.cart.fc2.com/ca9/43/p1-r-s/

MigTECおよびMD製ロードブックホルダーとICO製ラリーコンピュータがマウント可能です。上部右側には予めパイロットホールを設けており、穴を広げることで2台目のラリーコンピュータも追加出来ます。

本体は軽量かつ高強度な3mm厚のアルミで製作しています。

MigTEC製ロードブックホルダーに付属する回り止め付ボルトをそのまま使用可能とした設計が最大の特徴です。万が一競技中にボルトが緩んでも、ロードブックホルダーを取り外すこと無くレンチ一本で締め直し可能なため、タイムロスを最小限に抑えることが出来ます。

MD製ロードブックホルダーを使用される方は、ご注文の際にお知らせください。


 

701 Rally Kit 到着と共にフル稼働のReinforcement

 

BMW R80G/S Reinforcement Complete Customが形になって来ました。

試しに跨ってみると、軽さ・足つきの良さに思わずにやり。

全体的にコンパクトになったシルエットに合わせ、フロントカウルをFRPで製作しました。

マフラーやパニアステーなどの製作が残っていますが、ここまでくればもう一息です。

 


2012-2014のRally Mongoliaを完走したHPNのリフレッシュ作業が完了しました。

HPN #427 is completely refreshed!  HPN #427 waits for a next Rallyist.

 

Reinforcement によるコンプリートカスタムとなるR80G/Sを製作中。小柄なライダーも足つきに不安なく乗れるG/Sとなる予定です。

エンジンのオーバーホールを済ませ、Reinforcementで加工を施したフレーム・サブフレームも塗装が完了。毎日少しずつ作業が進行しています。

どんなタンクを装着するか、フェンダーはどのようにペイントしようか。バイクを前に思案を巡らせるのも至福のひとときです。

We are building a short-rider friendly R80G/S.



 

Reinforcement は、7月14~17日に開催されるSSER 北海道4Daysにエントリーします。今年はKTM 450 Rally Factory Repricaでの参戦です!

乞うご期待!

 



SSER北海道4daysに参戦するBIG TANK Magazine Rally Teamのマシンを製作しました。ライダーはエンデューロで活躍している齋藤真奈さんです。

CRF250RallyのコックピットにReinforcement ナビゲーションキットを装着。ラリーコンピューターはRallye Max-Gを選択しました。Rallye Max-Gは内臓のGPSによってスピード・走行距離・方位と言った情報を取得するため、センサーを取り出す必要がないのが特徴です。距離修正が可能なトリップメーターの他、CAPコンパスヘディングディスプレイの機能も持っています。

マップホルダーはお好みでお選びいただけます。今回はストレートの絵巻を装着いたしました。Rallye Max-Gとマップホルダーのコントロールスイッチは、ミラーマウントで簡単に取付が可能です。

同様に北海道4daysに参戦するHusqvarna 701 Rallyも製作しました。

Reinforcement Rally TeamもKTM 450 Rally Factory Repricaでジョイントし参戦します!Reinforcement Rally Teamのマシンも近日中に公開いたしますのでお楽しみに。

さらにCRF1000L Africatwin Rallyの製作もすすめております。こちらもご期待下さい!

BIG TANK MAGAZINE : https://bigtankmag.wordpress.com/
齋藤真奈さんFACE BOOK :https://www.facebook.com/mana.saitoh.3