世界で最も信頼出来るラリーコンピュータであり、Rallye MAXの後継モデルがRallye MAX2です。Rally MAXはKTM ファクトリーチームのオフィシャルコンピューターとしても採用されており、世界最高の競技用ラリーコンピューターを目指し、膨大なフィードバックを元に設計されています。 今回、従来の樹脂製ケースに代わり、アルミ削り出しケースを採用。ラリーに特化した機能や高い操作性はそのままに、より堅牢な外装にアップデートされました。

内蔵バッテリー
 内蔵バッテリーにより、緊急時には車体からの電源供給なしでも作動するようになりました。転倒等のトラブルで万が一車体からの電源供給が途絶えた際も、ダカールの7日間のステージを走りきることが出来ます。

リモートスイッチ左右切り替え
 リモートスイッチを右側(スロットル側)に装着した際に、ボタンの機能を上下反転するモードが搭載されました。

Auto Cal®(オートキャリブレーション) 機能
 ICOの特徴の一つが世界で特許を取得した”Auto Cal” オートキャリブレーション機能。ロードブックの距離と実際のトリップメーターの表示の誤差を走行中に調整することにより、自動的に補正係数を生み出し、随時補正係数の精度を高めていく機能です。

 ライダーは走行しながらロードブックに合わせて、トリップメーターの距離を+-ボタンで補正するだけ。ロードブック数コマ分の距離を走行すれば、トリップメーターとロードブックの距離表示の誤差は減っていき、やがてトリップメーターは寸分の狂いのない距離を表示することでしょう。

 タイヤ周長の調整やモード切替はもちろん、走行を停止する必要もありません。また、給油やランチ、ミスコースなどが発生した際の距離修正には、AutoCalによる補正を行わない独自のアルゴリズムが組みこまれています。

 あなたのラリーライディングにぜひオートキャリブレーションをお試しください。

新しいアルミケース 従来の一体型樹脂製ケースから、肉厚のアルミ削り出しケースへと変更されました。ディスプレイサイズはそのままに本体は薄型化されています。
カスタムディスプレイ
 液晶ディスプレイは、180度の広い視野角とウルトラシャープなコントラストを備え、極めて高い視認性を備えます。大型化されたディスプレイの数字は、ラリーコンピューターの中で最大サイズです。現在使用中のモードがひと目で分かるように、ディスプレイ上部にモード名の表示を採用。操作性が大きく向上しました。

イージーアップグレード
 Rallye MAX2は従来のRallye MAXやRallye VRLと、取り付け寸法・コネクター・アクセサリーに互換性を持っているため、容易にアップグレードが可能です。ケースのサイズは95 x 49 x 28mmです。

セット内容:
 Rallye MAX2本体
 新型3ボタンリモートスイッチ
 センサーケーブル
 センサーマグネット
 電源ケーブル
 取扱説明書(英語)

特徴:

-時計はバイクからの電源がOFFになってもバッテリーにより保持されます。

-オドクイック機能。

-トリップメーターを一時停止可能。移動の際の距離のアジャストが容易です。

-ホイールが回転すると、カウントを始めるオートスタート機能。

-アジャスタブルトリップメーター。

-リセット可能なセカンドトリップメーター。

-スピードメーター(最高速度記録機能付)。

-リセット可能なメンテナンスインターバルメーター。

-Km・Mile表示切り替え。

-AutoCal機能。

-180度広視野角・シャープな大型ディスプレイ。

-使用中のモードがひと目でわかるモード名表示を採用。

-ナイトモードとデイモード、2段階に明るさ変更可能なバックライト。

-2時間操作をしない状態が続くとオートシャットオフ。

-永久メモリに総走行距離を記録。

-ハンドルバーに取り付けるためのアルミブラケット付属。

-頑丈なステンレス製センサー

-KTM/Husaberg/Husqvarnaは、標準のセンサーホールにICOのセンサーをそのまま取付可能。

-強力ネオジウムマグネット付属。

販売ページはこちら↓
▶ ICO [New] Rallye MAX2
https://reinforcement.cart.fc2.com/ca4/77/p-r-s/

 

 ダカールラリーにおいてKTMを始めとした各国のファクトリーチームが採用するICO Rallye MAX-Gが生まれ変わりました。従来の樹脂製ケースに代わり、アルミ削り出しケースを採用。ラリーに特化した機能や高い操作性はそのままに、より堅牢な外装にアップデートされています。

 Rallye MAX-GはCAPコンパスリピーターとしてだけではなく、GPSを利用した(センサーケーブルを使用しない)トリップメーター、スピードメーター、時計の機能を合わせ持ち、12Vの電源を取るだけですぐに使用可能です。

Auto Cal®(オートキャリブレーション) 機能
 ICOの特徴の一つが世界で特許を取得した”Auto Cal” オートキャリブレーション機能。ロードブックの距離と実際のトリップメーターの表示の誤差を走行中に調整することにより、自動的に補正係数を生み出し、随時補正係数の精度を高めていく機能です。

 ライダーは走行しながらロードブックに合わせて、トリップメーターの距離を+-ボタンで補正するだけ。ロードブック数コマ分の距離を走行すれば、トリップメーターとロードブックの距離表示の誤差は減っていき、やがてトリップメーターは寸分の狂いのない距離を表示することでしょう。

 タイヤ周長の調整やモード切替はもちろん、走行を停止する必要もありません。また、給油やランチ、ミスコースなどが発生した際の距離修正には、AutoCalによる補正を行わない独自のアルゴリズムが組みこまれています。

 あなたのラリーライディングにぜひオートキャリブレーションをお試しください。

新しいアルミケース
従来の一体型樹脂製ケースから、肉厚のアルミ削り出しケースへと変更されました。ディスプレイサイズはそのままに本体は薄型化されています。

ハードウェアとソフトウェア
Rallye MAX-G は2014年発表のRallye CAPのソフトウェア・ハードウェアプラットフォームをベースに開発されています。Rallye MAX-Gのプラットフォームは既に世界中のラリーで証明された、高い信頼性と使いやすさを実現しています。

カスタムディスプレイ
 液晶ディスプレイは、180度の広い視野角とウルトラシャープなコントラストを備え、極めて高い視認性を備えます。大型化されたディスプレイの数字は、ラリーコンピューターの中で最大サイズです。現在使用中のモードがひと目で分かるように、ディスプレイ上部にモード名の表示を採用。操作性が大きく向上しました。

イージーアップグレード
 従来のICO ラリーコンピュータと取り付け部の寸法・コネクターに互換性を持っており、Rallye Max-Gへのアップグレードが簡単です。ケースのサイズは100 x 50 x 24mm。※ケーブルの取り出し位置が変更となっているため、アクセサリによっては加工が必要となる場合があります。

Features:
-アジャスタブルトリップメーター。

-スピードメーター(最高速度記録機能付)。

-CAPコンパスヘディングディスプレイ。

-GPS高精度クロック。

-従来より5倍高速なGPS。

-リセット可能なメンテンスインターバルメーター

-リセット可能なセカンドトリップメーター

-Km・Mile表示切り替え。

-AutoCal®機能。

-トリップメーター一時停止機能。

-180度広視野角・シャープな大型ディスプレイ。

-使用中のモードがひと目でわかるモード名表示を採用。

-ナイトモードとデイモード、2段階に明るさ変更可能なバックライト。

-2時間操作をしない状態が続くとオートシャットオフ。

-永久メモリに総走行距離を記録。

-ハンドルバーに取り付けるためのアルミブラケット付属。

-小型GPSレシーバーはタイラップでどこにでも取付可能。

-12V電源で動作。


販売ページはこちら↓
ICO [New] Rallye MAX-G
https://reinforcement.cart.fc2.com/ca4/72/p-r-s/

 


 お待たせいたしました。MigTECの新型電動ロードブックホルダー “RBE04.V2” がついに入荷いたしました。各メーカーのFACTORYチームで既に実戦投入されている、DAKARの勝利を知るロードブックホルダーです。


  RBE04.V2の大きな特徴が、従来の外付けから内蔵式へと変更されたモーターユニット。外部にモーターユニットが突起しなくなったことで、転倒時の衝撃や砂や水への耐性がより強化されています。合わせて駆動系も一新され、最初から最後のシートまで、より確実なマップ送りを実現しました。


  RBE04.V2ではハウジング形状が変更されたことで、ロードブックの巻取りキャパシティが従来の46mmから55mmへと大幅増。単純な箱型ではなく、手間のかかる複雑な形状としたアルミハウジングの剛性の高さは従来同様です。


 巻取りノブの中心に、新たに六角穴が設けられ、付属のハンドルを差し込むことで、ロードブックをセットする際に迅速な巻取りが可能となりました。時間に余裕のない競技前の作業をアシストします。アルミ無垢のノブに刻まれたローレットは、グローブをはめた状態でも、泥がついた状態でも確実な操作を可能とします。


 セットにはリモートスイッチの他、マウンティングブラケットが付属。このまま12mmのクロスバーに取り付けが可能です。回り止め加工されたボルト・プレートにより、容易に増し締めが可能な構造も従来モデルより引き継がれています。

 ファクトリーチームからのフィードバックを元に実戦経験に基づいた数々の工夫が盛り込まれ、ライダーを確実にゴールへと導くロードブックホルダーです。

ダカールを始めとした世界中のラリーシーンで選ばれるホンモノを、ぜひお試しください。

販売ページはこちら↓
MigTEC RBE04.V2 新型電動ロードブックホルダー(内蔵モーター)
http://reinforcement.cart.fc2.com/ca9/62/p-r-s/

 

ラリーシーズンに向け、Reinforcement Online Storeではラリーキットのセールを開催中です。

MSTラリーキット・African Queen カウルキットが20%OFF !! セール対象品は在庫限りです。お急ぎください。


MST Rally Expertキット KTM EXC・HUSKY FE 2017-2018用
http://reinforcement.cart.fc2.com/ca10/51/p-r-s/


MST Rally Light キット KTM EXC・HUSKY FE用 2017-2018用
http://reinforcement.cart.fc2.com/ca10/50/p-r-s/


African Queen Africa Twin CRF1000L
スポーツフロントカウルキット “Rallye”

http://reinforcement.cart.fc2.com/ca13/44/p-r-s/


African Queen Africa Twin CRF1000L
スポーツフロントカウルキット “Tourer”

http://reinforcement.cart.fc2.com/ca13/45/p-r-s/

 

ドイツのRally Navigation SolutionsがリリースするGPS ラリーコンピュータ”TripMaster GFX”が間もなく入荷します。

ハイコントラストの大型LCDドットマトリックスディスプレイにより、高い視認性のみならず
CAPとトリップの同時表示も実現。GPSレシーバー/ホイールセンサーの2系統の入力を持つ
新しいラリーコンピュータです。

ご予約・お問い合わせは下記のフォームから承っております。
https://reinforcement.cart.fc2.com/inquiry

 


F2R製ロードブックホルダーのベーシックモデルRB730が入荷しました。

高い防水性・防塵性を持つアルミハウジングや、十分なマップの巻取り量などの基本性能を犠牲にせず、シンプルな構造と構成部品の見直しによって価格を抑えたモデルです。

リモートスイッチと12mmのクロスバー用マウンティングキットが付属。車体から電源を取るだけですぐにご使用いただけます。

販売ページはこちら↓

F2R RB730 電動ロードブックホルダー
http://reinforcement.cart.fc2.com/ca8/49/p-r-s/

 


KTM EXC用のMST  Rally Expert Kitが入荷いたしました。
http://reinforcement.cart.fc2.com/ca10/40/p-r-s/

2017-2018のEXCモデルに適合します。

 

ラリーナビゲーションキットに含まれる、Reinforcementオリジナルのサポートブラケットを単体でも発売いたしました。
http://reinforcement.cart.fc2.com/ca9/43/p1-r-s/

MigTECおよびMD製ロードブックホルダーとICO製ラリーコンピュータがマウント可能です。上部右側には予めパイロットホールを設けており、穴を広げることで2台目のラリーコンピュータも追加出来ます。

本体は軽量かつ高強度な3mm厚のアルミで製作しています。

MigTEC製ロードブックホルダーに付属する回り止め付ボルトをそのまま使用可能とした設計が最大の特徴です。万が一競技中にボルトが緩んでも、ロードブックホルダーを取り外すこと無くレンチ一本で締め直し可能なため、タイムロスを最小限に抑えることが出来ます。

MD製ロードブックホルダーを使用される方は、ご注文の際にお知らせください。


 

MST社のRally Light Kitをオンラインストアに掲載しました。
http://reinforcement.cart.fc2.com/ca10/42/p-r-s/

コマ図ラリーに必要なウィンドスクリーン・LEDヘッドライト・ロードブックホルダー/ラリーコンピューターブラケットをコンパクトにまとめたキットです。同社のRally Expertキット同様、KTM・HUSQVARNA・HONDA・YAHAMA各社のエンデューロバイクに無加工でフレームマウント可能。



ロードブックホルダーはMD/F2R/MigTECに、ラリーコンピュータはICO/RNSに対応しています。

適合車種は以下の通り。ご注文の際は車種と年式および、ご利用のロードブックホルダー、ラリーコンピュータをお知らせ下さい。

KTM EXC 2012-2018
KTM 690 ENDURO R 2010-2016
HUSQVARNA 701 ENDURO / SUPERMOTO 2016-2018
HUSQVARNA FE 2014-2018
HUSQVARNA TE 2014-2018
YAMAHA WR 450 2015-2018
HONDA CRF 450 2016-2018
BETA RR 4T 2014-2018

 

KTM・HUSQVARNA・HONDA・YAHAMA各社のエンデューロバイクを本格的なラリーマシンにコンバート可能な MST製のラリーエキスパートキットが入荷しました。

MST社独自のアタッチメントシステムにより、フレームを加工することなく本格的なナビゲーションタワーのフレームマウントを実現しています。実戦に基づいて設計されたナビゲーションタワーにより、ラリーコンピュータ・ロードブックホルダーを最適な位置にマウントすることが可能です。

HUSQVARNA FE 2017-2018用が1セット在庫がございます。その他下記の車種に対応したキットのお取り寄せも可能です。お問い合わせ下さい。

KTM EXC 2012-2018
KTM 690 ENDURO R 2010-2016
HUSQVARNA 701 ENDURO / SUPERMOTO 2016-2018
HUSQVARNA FE 2014-2018
HUSQVARNA TE 2014-2018
YAMAHA WR 450 2015-2018
HONDA CRF 450 2016-2018
BETA RR 4T 2014-2018