Door of Adventure 2018 秋のためのマシンが完成しました。



HPN Rally カウルのフレームを加工し、ナビゲーション専用ステーをアルミで製作しました。ボルトオンタイプのステーは、ツーリング等に出かける際にも容易に通常のメーターパネルに戻すことが可能です。


ラリーコンピューターはRallye Max-Gを2機搭載。内臓のGPSによってスピード・走行距離・CAPと言った情報を取得するため、トラブルの原因にもなるホイール周りへのセンサーの設置が不要です。ロードブックホルダーはICO同様、各国のファクトリーチームも採用するMigTECを選択しました。


Rallye Max-GとロードブックホルダーのコントロールにはRNS Multi Swich3 を採用。ハンドルスイッチに重なるようにマウント可能な専用プレートを製作したことで、どちらの操作性も犠牲にしていません。

明日からのDoor of Adventureはこのマシンで参加します!

 

我々スタッフは、HPNを愛用しています。
アベレージスピードの高い海外のラリーや、日本国内のラリーに参戦するだけでなく、気軽にダートライディングを楽しむ事も。また、大きな荷物を積んでのロングツーリング、時にはキャンプ道具を満載してタンデムツーリングに出かけることもあります。

その上でスタンダードGSとHPNのシャーシ性能の違い、走行安定性能の素晴らしさや高剛性フレームがもたらすオフロード走行でのスタビリティの高さには感銘を受けるばかりです。

我々は幾度となくHPNに足を運び、ペッパール氏とのディスカッションを重ね、彼らの考え方・イデオロギーに深い感銘と尊敬を抱いています。我々がReinforcementと名乗る理由、それはHPNのオーダーシートのトップに記載される「Frame Reinforcement」という言葉の一行にほかなりません。

フレーム補強の為のプレートを鉄板から切り出し、溶接を行うことはとても簡単です。そうすればフレームの補強は出来るでしょう。しかしHPNが大切にしていること、それはフレームの精度です。
「補強をした上でフレームの歪みを出すこと無く、設定されたヘッドアングルに仕上げる」ことは容易ではなく、溶接の為にフレームを保持する治具等では成しえません。HPNのカタログにある大きな三次元測定機はそのための装置です。

彼らは「溶接後の歪み抜きの技術無しに設定された寸法に仕上げることは不可能だ」と話しています。

HPNの工房に置かれている塗装前のフレームには、歪み抜きのために熱を加えた跡が各所に見られます。またフレームヘッドパイプ周りの溶接後にはステムベアリング圧入部に機械加工を行い、最終的には加工を行った各フレームが規定値に仕上がっていることを確認する為に計測治具を用い、完成検査を行います。

カーボン・ガセット・プレートによる補強を行ったBMW R100GSのフレーム。カーボン・ガセット・プレートは未塗装の状態ですが、フレームと同色にペイントすることももちろん可能です。

このようなノウハウと技術無くして、HPNと同様の強靭で正確無比なフレームを溶接工程を経て制作することは不可能であると実感しました。

そこで全く異なるアプローチによりフレーム補強を行ったのが、Reinforcementの提案するカーボン・ガセット・フレームです。

カーボン・ガセット・プレートによる補強方法は、レーシングカーや特別なスポーツカー、また航空機等に採用される方法で、接着工法によるボンデット・シャーシなどでも有名な、最も強靭で軽量な補強方法の1つです。

極めて軽量かつ強靭なカーボン・ガセット・プレート。BMW OHV-GS系フレーム専用設計です。

フレームに接着するだけで歪みを発生させることなく、高い剛性を得ることが可能です。(※リベットはカーボン・ガセット・プレートの接着における位置決めの為のみに使用しています。)

カーボン・ガセット・プレートの装着に使用される接着剤は、たとえフレームが破損するほどの強い衝撃を与えたとしても、剥がれることはありません。

カーボン・ガセット・プレートをフレームに接着することで、熱を加えず重量増加もほとんど無しに高い剛性を得ることが可能となりました。これがフレーム補強に対するReinforcement!のアプローチです。

セットアップする前後サスペンション、リヤフレームはオーナーの使用用途に合わせて設計しています。ショートコクピット、ロングコクピットはもちろん、ホイールベースやキャスタートレールも自由に選択可能です。現在、オーナーとの打ち合わせも完了しこれから車体のセットアップが始まります。どうぞご期待ください!

 

2018年のラリーのためのマシンが完成しました。

HPN Rally Sportをベースにフロントに最新のオーリンズ RXF48倒立フォークをフィッティング。Reinforcementにて特別なラリー用スプリングの製作とセットアップを行っています。

新たに製作したHPNレーシングパラレバー用のリアハブは、Woody’s Wheel Works製です。CNC加工により極限まで削り込まれた2ピース構造のアルミハブは、圧倒的な軽さとハードなラリーに耐えうる強度を両立しています。

詳細は後日紹介予定です。ご期待下さい!





 


ReinforcementはHPNパラレバースイングアーム用のリアホイールを製作しました。

2ピース構造の超軽量オリジナルハブは、ダカールラリーや世界中のエンデューロにおいて最高の評価を得ているWoody’s Wheel Works製です。

レースにおけるハードなライディングにも十二分な強度を確保しながらも徹底的に肉が削ぎ落とされています。

重量をここで公表することは出来ませんが、驚くほど軽量なホイールに仕上がりました。

HPN製 Racingパラレバー・R1100GS/R1150GSのパラレバーを装着したHPN車両、およびBMW R1100GS・R1150GSに装着が可能です。

ご注文時にアルマイトのカラー、リム径(17インチ/18インチ)をお選びいただけます。詳しくはお問い合わせください。




 

701 Rally Kit 到着と共にフル稼働のReinforcement

 

BMW R80G/S Reinforcement Complete Customが形になって来ました。

試しに跨ってみると、軽さ・足つきの良さに思わずにやり。

全体的にコンパクトになったシルエットに合わせ、フロントカウルをFRPで製作しました。

マフラーやパニアステーなどの製作が残っていますが、ここまでくればもう一息です。

 

Reinforcement によるコンプリートカスタムとなるR80G/Sを製作中。小柄なライダーも足つきに不安なく乗れるG/Sとなる予定です。

エンジンのオーバーホールを済ませ、Reinforcementで加工を施したフレーム・サブフレームも塗装が完了。毎日少しずつ作業が進行しています。

どんなタンクを装着するか、フェンダーはどのようにペイントしようか。バイクを前に思案を巡らせるのも至福のひとときです。

We are building a short-rider friendly R80G/S.